ロイズ バウムクーヘンクランツを食べた【クリスマス期間・数量限定】

平成最後のクリスマスにこんなスイーツをお取り寄せしました

ロイズ バウムクーヘンクランツ


“クランツ”はドイツ語で“リース”のことだそうで、
クリスマスリースをイメージした期間・数量限定のバウムクーヘンです。

スポンサードリンク


セミスイートチョコレートがかかっていて
粉糖と3種類のナッツで飾られたロイズ バウムクーヘンクランツ

箱を開けてみると






小さい!

思ったよりもバウムクーヘンの厚み(層になっている部分の幅)が薄い。

その大きさというかボリュームにちょっとがっかりしながらも
食べてみると





本場ドイツから取り寄せた“マジパンローマッセ”が生地に加えられているので
アーモンドの風味とコクもほんのり。

セミスイートのチョコレートがかかっているので、すっきりとした甘さ

なのですが・・・

かなり、シナモンが効いています。


私はシナモンが苦手。

シナモンが入っていなければ美味しいのに、残念です。


でも、シナモン好きの母は
「このバウムクーヘンすごく美味しい」とよろこんでいました。

⇒ ロイズの通販はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする