シウマイまんという崎陽軒のシュウマイが入ったお饅頭を食べた

横浜名物のひとつ、崎陽軒のシウマイ。

その崎陽軒のシウマイが入った一口サイズの肉まん
シウマイまんを食べました。


お饅頭のひとつひとつに、「ひょうちゃん」の
焼き印が押してあり、見た目にもかわいいお饅頭です。

スポンサードリンク


ところで、崎陽軒の「シュウマイ」の名称は「シウマイ」。

その由来は、栃木県出身の崎陽軒の初代社長が
「シュウマイ」を「シーマイ」と訛って発音。

それが本場中国の発音に似ていたところから
中国の発音に近づけるということで「シウマイ」と
表記することになったそうです。


そんな崎陽軒のシウマイが入ったシウマイまん。




その中身は、冷めても美味しいがウリの崎陽軒のシウマイ
なので、そのまま食べても美味しいです。

また、ちょっと温めて、和からしをつけて食べると
さらにおいしくなります。


お土産とかにもよさそうとも思ったんですが
消費期限は当日。

日持ちがしないのが残念です。

【関連記事】
⇒ 崎陽軒のシウマイまんのハロウィン限定バージョンを食べてみた

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする